話題の糖質オフダイエットの効果は本当か?炭水化物抜きダイエットを成功させるには

糖質オフダイエットは効果があるのでしょうか?
そもそも糖質オフダイエットは、糖質をできるだけカットし、炭水化物をできる限り食べずに行うダイエットのことを指します。炭水化物抜きダイエットといわれる場合もあります。
糖質オフダイエットの特徴は、1日3食をきっちりと食べること、そして糖質の高い主食をカットすることで簡単にその効果を得ることができるというものです。
糖質オフダイエットはけっして食事を抜くということではありません。1日3食、バランスよく食事を行い、必要な栄養素を補い、エネルギーを得ることが必要です。

 

糖質オフダイエットの効果として、摂取カロリーの減少が挙げられます。
人間は食べたものをエネルギーに変換して生きていますが、エネルギーに変換されやすいのが炭水化物です。炭水化物を抑えることは、それだけ摂取カロリーを制限することを意味していて、自然とダイエットにつながるのです。糖質がカットされれば、糖質以外の部分でエネルギーを生み出さなければならず、その際に脂肪が使われるのです。脂肪の燃焼が促進されれば、それだけダイエットとしての効果が出ます。ここで体重の減少が見込めるのです。他にも、血糖値の上昇を抑えるなどの効果がみられます。

 

糖質オフダイエットを成功させるには、パンやごはんなど主食に代わるものを見つけておくことが大切です。糖質オフを行う場合、基本的には魚や肉、卵や青野菜ぐらいしか食べられないため、かなりの制限が出てきます。
例えば、豆腐などのものをごはん代わりにしたり、糸こんにゃくなどを麺の代わりに使ったりして食事を楽しむということが必要です。苦しみながら行ってもどこかで挫折を余儀なくされます。そのため、挫折をしないよう、これならば食事を楽しむことができるというものを用意しておくことが長続きの秘訣となります。

 

そして、野菜を多く摂取することも必要です。水菜やほうれん草などは糖質がほとんど含まれていません。こうしたものを積極的に食べていくことで糖質オフを可能にさせます。そして、毎日のように体重計に乗り、効果を毎日実感していくということも成功のコツです。