ダイエットと運動の関係は?

ダイエットを成功させるための運動とはどんなものなのでしょうか?

 

ダイエットに成功すると、見た目が美しくなるのはもちろん、身体が軽くなるので日常の生活も楽になり、性格までアクティブに変化する人もいます。健康面でも、肥満の解消は高血圧の予防や、血中の悪玉コレステロールを減らすなど、成人病予防にも効果的といえます。

 

ダイエットと運動の関係ですが、運動には有酸素運動と筋肉トレーニング、またヨガやストレッチなどがあります。ジョギングやエアロバイクなどは、酸素を取り入れて体内の脂肪を燃焼させます。また筋肉トレーニングで適度な筋肉がついた身体は、脂肪の燃焼効率が良くなるので、一時的には体重が増えますが、結局は痩身につながります。さらに、ストレッチをすると身体の中の血の巡りがよくなり、代謝が活発になるので、これもまたダイエットの役に立ちます。

 

また、ダイエットと運動との関係で注意すべきことの一つとして、運動前後の食事の摂り方があります。満腹の状態で、すぐに身体を動かしたくなる人はあまりいません。第一、胃が悲鳴を上げてしまいます。
ダイエットのための運動はできれば食後2時間くらいからにしましょう。食べたものが消化されるのには3時間はかかるのですが、2時間たてば、血糖値も適した状態になりお腹も軽くなっています。

 

食べるものに関して言えば、運動の前には素早くエネルギーになるようなものを軽く取っておくことが効果的です。最適なのがバナナです。そもそも朝バナナダイエットは、身体に素早くエネルギーを行き渡らせ、朝イチで代謝を上げようというもの。エクササイズの前に摂るにはうってつけです。そのほかには野菜ジュースなどもおすすめです。

 

運動の後には何を食べたらいいかというと、筋肉を使った後にたんぱく質やビタミンB群を補うと、効率的に筋肉をつけることができます。また体内の活性酸素を除去するビタミン類を摂ることも大事です。さらに、かいた汗からはミネラル類も流れ出してしまうので、その補充も必要です。水分も、トレーニング中も含めて補給の必要がありますが、その際にはスポーツドリンクを薄めて飲むと身体に早く行き渡ります。

 

このように、ダイエットに効果的な運動、運動前後の食事はとても重要ですので、よく覚えておいてくださいね。