ダイエットと食事の関係は?

ダイエットと食事について、ここであらためて考えていきましょう。
食事をすることは、人間が栄養を摂取するために必要なことです。しかし、カロリーが多いお菓子や脂肪分が多い食事を大量に摂取すると、結果、太ってしまうのです。

 

日本では、男性も女性も定期的にダイエットを行っている人がたくさんいます。ジムに入会して、トレーニングを行う人も増えています。もちろん、ジムで汗を流すことも大事ですが、ダイエットと食事の関係をよく知ることも重要です。食事との関係を理解することで、無理なく効率的に痩せることが可能になってくるからです。

 

人間は、血糖値が下がると空腹感を感じます。すると、脳から空腹だという指令が出ます。ご飯を食べると、血糖値が上がり、インスリンが分泌されます。インスリンはホルモンです。インスリンが分泌されると、血糖値は下がります。

 

確実に痩せるためには、ダイエット中の食事の摂り方が重要となります。食べる量を、多い順に、野菜、たんぱく質、炭水化物とします。野菜をもっとも多く摂取して、炭水化物は少なめにします。この方法で食事を食べるようになると、ホルモンバランスが整って、先ほどの血糖値が安定します。

 

血糖値が安定すると、食事をしてから5時間ほどは空腹感を感じなくなります。空腹感を感じなければ、間食も減ることになります。また、ホルモンバランスが整うと、体脂肪も燃焼されるので、筋肉の量を減らすことなく、痩せやすい体質へと近づけることができるわけです。

 

最初に、食物繊維が豊富な野菜を食べることで、食物繊維が血糖値の上昇を抑えます。炭水化物の量をコントロールすることで、血糖値の上昇を緩やかにします。身体に必要なビタミンやミネラル、たんぱく質を十分に摂取できるので、無理なくダイエットを行うことができます。

 

ダイエットをする場合、食事制限だけでなく、運動も重要です。とくに有酸素運動は、酸素を多く取り込みながら運動を行うので、効率良く脂肪を燃焼させることができます。
有酸素運動は、体内の脂肪と糖をエネルギー源にする運動なので、ダイエット中の運動として最適なのです。