サウナはダイエット効果があるのか?

サウナにはダイエットの効果はあるのでしょうか?
サウナに入るとたくさん汗をかくので、ダイエットに効果があるといわれていますが、本当のところはどうなのでしょう?

 

たしかにサウナから出て体重計に乗ると、体重が減っているのでダイエットができたと思われるかもしれませんが、それはただ汗をかいて水分が減っているだけで、水分を取ればまたもとに戻ります。戻るのが嫌だからといって水分を取らなければ、脱水症になってしまいます。

 

ではサウナはダイエットに効果がないのでしょうか。それを考える前にサウナの効果を見て行きましょう。

 

まずは「デトックス」です。身体が温まることで血流が良くなり、老廃物を排出しやすくなります。老廃物がたまっていると代謝が落ちるので、それらを排出することで代謝を高めることができます。
次に「美肌」、血流が良くなると新陳代謝も促進されるので、新しい肌の細胞も作られやすくなりきれいな肌になります。
それから「疲労回復」もあります。血流が良くなることで細胞に必要な酸素も取り込みやすくなりますし、老廃物と一緒に疲労物質も排出してくれるので疲労回復に効果があります。この他にもリラックス効果や睡眠の改善など様々な効果があります。

 

このように、サウナに入ると血流が良くなり代謝を活発にしてくれます。代謝とは生命活動に必要なエネルギーの消費のことで、じっとしているだけでも内蔵や筋肉によってエネルギーが消費されています。この代謝が活発になるほどエネルギーの消費も増えるので、ダイエットにつながるとも言えます。

 

つまり、サウナに入ったからといってすぐに痩せるわけではなく、入ることによって代謝が上がり、痩せやすい身体になり、結果的にダイエットもできるということになります。ただ、代謝を上げたいからといって、長く入ればいいというものではありません。長すぎると脱水症や熱中症になって倒れてしまいます。そうならないためにも、10?20分ほど入ったら、汗が引くまでサウナの外でゆっくり休憩、水分補給をしたらまた入る、というのを4?5セットぐらいして、最後に水風呂か冷たいシャワーで身体を冷やすといいでしょう。