腸内環境を整えるとダイエット効果が高まるのか?

腸内環境を整えることは、ダイエットの効果を上げることに必要不可欠だと言って良いほど絶大な効果をもたらします。

 

腸は栄養の吸収をして、便を排出する役割を果たしますが、便とともに体内の不要な毒素や水分も排出します。ダイエットの必要な人はつい、食べる量を減らしたりすることで調整しようとしますが、きちんと栄養を取って余分な物を排出することがダイエット効果をしっかり受け取れる健康な身体作りには大切です。

 

腸が本来の働きをしっかりできるようになれば、デトックス効果で毒素を排出し体内の不要な水分も排出してくれるので、むくみなども解消されます。そうなるとリンパの流れや血行も良くなるので、基礎代謝が高まりエネルギーを消費しやすい身体になるので、脂肪が燃焼されやすくなってきます。

 

運動をすれば脂肪が消費され、筋肉がつくため、ますます代謝は良くなります。代謝が良くなると新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーも整ってくるので、アンチエイジング効果も引き連れてきてくれます。

 

逆に腸が本来の働きを出来ない状態で食事制限だけをしても、体内の毒素を排出する働きも弱いのであまり効果はないばかりか、ますます体力が落ちてだる重い身体になってしまいます。運動をしても代謝が悪いので、効率が悪くなかなか脂肪は燃焼されません。このように、ダイエットを考えるのならば、まず腸内環境を整える必要があるのです。

 

腸内環境を整えるには、腸に届いたものを腐敗させガスを作ったりする悪玉菌の働きや数を抑える必要があります。そのためには善玉菌を増やし、善玉菌優位の腸内環境にすることが必要で、善玉菌の働きを高めてくれ、善玉菌の栄養ともなる乳酸菌を補うことが何よりの近道です。
最近では生きて腸まで届く乳酸菌が含まれたヨーグルトや、サプリメントも多数販売されています。そういったものを生活に取り入れて日常的に補うことで、腸内環境は改善していきます。遠回りのように見えますが、体質を根本から変えて整える腸内環境改善がダイエット成功の確実な道なのです。