ダイエットと便秘の関係は?

ダイエットと便秘にはどんな関係があるのでしょうか?

 

便秘になってしまうと、身体にとってはあまりいい影響を与えません。肌荒れになったり、お腹が張ってしまったり、痛みなどが出ることもあるでしょう。また、ガスが腸内に溜まりやすかったり、口臭がきつくなってしまうこともあります。腸内環境もあまりいい状態といえず、その状況が続いてしまうと、体調不良の原因になることもあります。

 

ダイエットにおいても、そのように腸内に不要なものが溜まって、停滞している状態はあまりいい状況とはいえません。また、便秘の原因として、運動不足、食生活の乱れなども考えられます。これは、ダイエットをするにあたり、改善していかなければならない点ともいえるでしょう。そのため、便秘を解消することは、ダイエットにもある程度繋がる部分があるため、そのどちらも改善していけるように、生活を見直すことから始めてみてください。

 

便秘を解消するために、腸内の動きを活発化する必要があります。
運動不足の状態では、腸内活動が鈍くなる傾向があるため、適度に運動をすることで、外部の刺激、振動により腸内が活発化するように適度に刺激してあげるといいでしょう。ウォーキングやランニング、軽めのスポーツなど自分にできる範囲内で運動する習慣をつけることが大切です。無理に過度な運動を習慣化する必要はありません。自分のできるペースで無理なく運動する習慣をつけていけばよいのです。

 

また、食事に関しても、栄養バランスが取れいていない偏りのある食事などを続けていると、便秘の原因になり、太る原因になることもあります。食物繊維が不足することも便秘に繋がると考えられていて、改善のためには、食事で食物繊維を積極的に摂取できるように食生活を改善していくことも大切です。

 

また、腸内環境を改善するために、乳製品などを食事で摂るようにすることも、腸内の悪玉菌を押さえ、善玉菌を増やすことにつながります。

 

さまざまな点を改善し、ダイエットのため、そして便秘を解消するために日々、心がけていくことが大切なのです。